ウォッカベースカクテルランキング

第1位  816票      ラヴァーズロック       ¥430

ウォッカベースのオリジナルロング。
コアントロー、シトロンジェネバー、レモンが織りなす柑橘系シェークロック。
柑橘系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は26(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
何年か前にシャーデーのアルバムを貸してくれたのは僕より15才ぐらい年下の小娘だった。
ラヴァーズ・ロック。
そういえばこの独特の曲調、聞いたことがある。オシャレなカフェバーでよくかかっていた。
”Lovers”というのは「恋人たち」と訳せるのか ・・・ (詳しい全文を読む)

第2位  794票      インマイライフ       ¥390

ウォッカベースのオリジナルショート。
コアントロー、パッションフルーツとオレンジジュースで気軽に飲める入門的ショート。
柑橘系,トロピカル味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は20(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
村上春樹著「風の歌を聴け」では、主人公である僕が、ジェイズ・バー のトイレで酔いつぶれた女の子に出くわしたところから物語が始まる。ごく当たり前の状況じゃなかった。

ごく当たり前の状況というのは、たとえば
こういうことだ。
僕がジューク ・・・ (詳しい全文を読む)

第3位  660票      レディデイ       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
カクテルにまつわる物語は数々あれど、このカクテルほど話せば長い物語があるカクテルはそうない。
柑橘系,フルーティー味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は21(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
レディ・デイ。ビリー・ホリデーの愛称。これはレスター・ヤングが最初に言った。
このカクテルは、1940年代の彼女の歌声そのものだ。
いつかゆっくり語りたい。

とりあえず今日(2008年12月27日)は、
桑田佳祐作詞のサザンオール ・・・ (詳しい全文を読む)

第4位  629票      スタークロストラヴァーズ       ¥440

ウォッカベースのオリジナルショート。
キュラソー、シトロンジェネバー、レモンの調和。塩・砂糖どちらかのスノースタイルを選択可。
柑橘系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は25(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
「風の歌を聴け」(村上春樹著)の終わりに近いシーン。
僕と女の子は人気のない突堤の先にある倉庫の石段で腰を下ろし海をながめる。
夕闇が淡い夜に変わり幾つかの星がまたたき始める。
多分もう会えないような予感がする。
悪い予感は概してその通 ・・・ (詳しい全文を読む)

第5位  577票      夏の夢       ¥400

ウォッカベースのオリジナルショート。
ライチとパッションフルーツとクランベリーが共存する南アジアの夏カクテル。
ベリー系,フルーティー,トロピカル味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は23(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
「風の歌を聴け」(村上春樹著)で僕は街の中をゆっくり車で回った後、
川に沿って海に下り、川口近くで車を下りて川で足を冷やすというシーンがある。
そばのテニスコートではよく日焼けした女の子が二人、ボールを打ち合っている。
その時僕は、何かが ・・・ (詳しい全文を読む)

第6位  559票      オーロラ(ver.大塚陽人)       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
ウォッカにカシスとグレープフルーツが入って飲みやすい。
柑橘系,ベリー系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は19(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
1994年 第1回 サントリー ザ カクテル コンペティション スピリッツ部門 優勝を受賞。
大塚陽人氏の創作です。同名でラムベースのスタンダードもあり、それの方がメジャー。
でも、こっちの方がシンプルでおいしいと思う。何がオーロラなのかわからないけど。
(詳しい全文を読む)

第7位  537票      ホワイトルシアン       ¥390

ウォッカベースのスタンダードロング。
ウォッカにカルーアを入れたブラックルシアンにフレッシュを入れたもの。度数は高いが飲みやすい。
コーヒー系,ミルク・クリーム系味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は28(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
カルーアを入れるとお酒のアルコールがあまり感じられなくなりますね。
おまけにフレッシュを入れるとのど越し滑らかで実に飲みやすい。
でも、このカクテルは度数が相当に高いです。 (詳しい全文を読む)

第8位  532票      キウイトニック       ¥530

ウォッカベースのスタンダードロング。
ウォッカにキウイとパインを加え、トニックで割る。
フルーティー味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は8.9(低い)。炭酸入り。
  コメント ☆
キウイとパインで青りんごみたいな感じ。トニックでさっぱりした切れ味を出している。
ウォッカが入っているのでジュースみたいにやわなもんじゃない。 (詳しい全文を読む)

第9位  529票      ウォッカギムレット       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
4分の3のウォッカ、4分の1のライムジュース。シンプル・イズ・ベスト。
柑橘系味でさっぱりの甘さ。ステアで作ります。
アルコール度数は24(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ジンベースのギムレットのウォッカ版。ジンよりキレが鋭いような気がするのは、
ウォッカがほとんど無味無臭だからなのでしょうか。
暑い日の夕暮れなんかにグイッといけばライムの爽やかさで暑さを忘れそう。 (詳しい全文を読む)

第10位  526票      シーブリーズ       ¥480

ウォッカベースのスタンダードロング。
クランベリーとグレープフルーツでフルーティー。
柑橘系,ベリー系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は9(低い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ケープコッダーにグレープフルーツジュースをプラス。クランベリーの香りが和む。 (詳しい全文を読む)

第11位  512票      ホテルカリフォルニア       ¥430

ウォッカベースのオリジナルロング。
96度のスピリタスがパッションフルーツとジンジャーエールですっと飲めるから怖い。
トロピカル味でさっぱりの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は27(高い)。炭酸入り。
  コメント ☆
暗く寂しいハイウェイ 涼しげな風に髪が揺れる
コリタスの甘い香りがほのかに漂い はるか前方にはかすかな灯りが見える
頭は重く 目がかすむ どうやら今夜は休息が必要だ
ようこそホテル・カリフォルニアへ
ここはステキなところ
僕はワイン ・・・ (詳しい全文を読む)

第12位  512票      バラライカ       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
ホワイトレディーのウォッカ版。普遍的にバランスのいいショート。
柑橘系,酸味系味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は24(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーのサイドカー、ジンのホワイトレディーと並んで、普遍的に間違いの無いバランス。
すなわち、スピリッツ:キュラソー:レモン=2:1:1。
ドライ志向の昨今では4:1:1まではスタンダードを名乗る許容範囲と思う。
基本は2:1:1とし ・・・ (詳しい全文を読む)

第13位  511票      ボルガボートマン       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
ウォッカ、チェリーブランデー、オレンジジュースが等量。甘口だが甘ったるいほどでもない。
柑橘系,フルーティー味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は17(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
オレンジジュースとチェリーブランデーの赤が混じって可愛い色。
度数もそう高くないので、入門的ショート。チェリーブランデー好きの女性にお勧め。 (詳しい全文を読む)

第14位  500票      エム45(M-45)       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
ウォッカにスロージンとライムジュース。スロージンが好きならOK。
柑橘系,ベリー系,酸味系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は25(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
スロージンの香りと色がオシャレ。
スロージンはスローベリーのリキュール。
ジンとは関係ない。スローベリーはプラムの一種だけれども木苺みたいなベリー系の味。
ほとんどの人は好きな味。でも今までに若干1名苦手と言う人も居た。
食前酒って言 ・・・ (詳しい全文を読む)

第15位  495票      キスオブファイアー       ¥440

ウォッカベースのスタンダードショート。
ウォッカ、スロージン、ドライベルモットを等量シェーク。スロージン好きの人向け。
ベリー系,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は22(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
1953年6月26日オールジャパンコンクール優勝作品。作ったのは石岡賢二氏。
当時ヒットしていた、ルイ・アームストロングのキス・オブ・ファイヤーという曲に
因んで作られた。
命名の意味としては、ウォッカ(火酒)に口をつける(キッス)ということら ・・・ (詳しい全文を読む)

第16位  490票      ソルティードッグ       ¥490

ウォッカベースのスタンダードロング。
ウォッカのグレープフルーツ割り。ブルドッグのスノースタイル。
柑橘系味でさっぱりの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は8.4(低い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ウォッカのグレープフルーツ割り。ブルドッグのスノースタイル。

ソルティー・ドッグとは甲板員のこと。塩にまみれていることから。それはさておき、

村上春樹著「羊をめぐる冒険」上巻第5章3節「歌は終わりぬ」の次の4節の名前がこれだ。
 ・・・ (詳しい全文を読む)

第17位  488票      マネキネコ       ¥490

ウォッカベースのスタンダードショート。
幸せを招くカクテル。ココナッツ、パッション、バナナ、グレープフルーツ…でトロピカル。
柑橘系,フルーティー,トロピカル味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は16(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
幸せを招くカクテルということで、マネキネコと命名された。
横山和久氏作。第22回全国バーテンダー技能競技大会優勝作品。
とにかくトロピカルでフルーティー。度数はしれているので女性にもお勧め。 (詳しい全文を読む)

第18位  482票      素直になれなくて       ¥410

ウォッカベースのオリジナルショート。
ライチとパッションフルーツの意外な取り合わせが素直じゃない心を解きほぐす。
フルーティー,トロピカル味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は26(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
シカゴのバラードのヒット曲「Hard to say I'm sorry」の邦題ですね。
これは意訳の見本みたいにうまい訳です。
素直になれずに悶々としている時はシカゴの曲を聴きながらこのカクテルを飲んでください。
1杯で十分、本当のあなたの気持ちを話せます ・・・ (詳しい全文を読む)

第19位  481票      ケープコッダー       ¥480

ウォッカベースのスタンダードロング。
ウォッカとクランベリージュースをほぼ等量に配したシンプルなレシピ。
ベリー系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は14(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
本来、ウォッカとクランベリージュースを等量に配したシンプルなレシピ。
シェークで飲みやすいし、クランベリーの鮮やかな赤がオシャレ。
ウォッカはけっこう入っているのでゆっくりまったり飲むのがいいと思います。 (詳しい全文を読む)

第20位  474票      コスモポリタン       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
キュラソー、クランベリー、ライムがフルーティーかつオシャレ。
柑橘系,ベリー系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は21(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
クランベリージュースのポリフェノール的赤がウォッカで薄められて、オシャレなピンク色になる。
「今ミューヨークでは一番オシャレなカクテルとして人気がある。」と
2004年に発行されたカクテル大辞典800という本に書いてあった。
京都ではど ・・・ (詳しい全文を読む)

第21位  472票      ガルフストリーム       ¥500

ウォッカベースのスタンダードロング。
ピーチ、キュラソー、グレープフルーツ、パインが織りなすトロピカルハーモニー。
フルーティー,トロピカル味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は11(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
リゾートホテルのカクテルラウンジで飲んでいる気分をいるか喫茶バーで味わってください。
ベースをラムに変えたのがビーチボーイズというカクテルです。こちらもよろしく。 (詳しい全文を読む)

第22位  471票      アンパイネン       ¥530

ウォッカベースのスタンダードロング。
ウォッカとバナナをジンジャーで割る。
フルーティー味で甘いの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は10(ふつう)。炭酸入り。
  コメント ☆
クレームドバヌーヌのバナナ味がウォッカを包み込んで甘くて飲みやすい。
ジンジャーエールの炭酸が後味をさっぱりさせてくれる。 (詳しい全文を読む)

第23位  459票      アクダクト       ¥440

ウォッカベースのスタンダードショート。
キュラソー、アプリコット、オレンジピールの香りが爽やかなショート。
柑橘系,フルーティー味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は29(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
アクダクトとは水道橋=水の通る橋のこと。
岡崎のあたりで疎水の水が煉瓦造りの橋の中を通っているみたいだが、多分あれのことですね。
飲んだ瞬間アプリコットの香りがする。
キュラソーとオレンジピールの柑橘系の芳香も爽やかです。 (詳しい全文を読む)

第24位  453票      セックスオンザビーチ       ¥430

ウォッカベースのスタンダードロング。
トム・クルーズがジャマイカの浜辺で作ってたトロピカルロング。
フルーティー,トロピカル味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は7(低い)。炭酸なし。
  コメント ☆
トム・クルーズがジャマイカの浜辺で作ってたトロピカルロング。

ジャマイカの白い浜辺でビーチバーを開き、軟派なトム・クルーズがレゲエのリズムに合わせて
サーブするからこのネーミングが似合っている。
どうコメントすれば…。何とも言えない ・・・ (詳しい全文を読む)

第25位  452票      ゴッドマザー       ¥380

ウォッカベースのスタンダードロング。
ウォッカにアマレット(杏の主旨のリキュール=アーモンド的)を加えて飲みやすくした。
他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は31(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ゴッドファーザーのウィスキーをウォッカに代えたもの。度数は高いがアマレットの香りと甘みが
ウォッカのロックを飲みやすくしている。アマレットは杏の種子のリキュール。アーモンド風味。
レシピはいたってシンプルなのでアルコール量の割りにお得。 (詳しい全文を読む)

第26位  451票      ホワイトスパイダー(ウォッカスティンガー)       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
ペパーミントがスーッとして見た目も味もすっきり爽やか。レシピもシンプル。
他(種・花・ミントなど)味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は28(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーベースのスティンガーのウォッカベース版。
ウォッカスティンガーともいう。
出来立てはシェークの泡や細かい氷が入って白いが、ほどなく無色透明になっていく。
シェークで作るショートなら、一口目は泡が残っているうちに飲みたい。これは特に。 (詳しい全文を読む)

第27位  450票      ミッドナイトサン       ¥640

ウォッカベースのスタンダードロング。
メロンとレモンの甘酸っぱい風味とソーダの爽快な喉ごしが比較的強いウォッカのアルコールをほとんど感じさせない女性にもお勧めのカクテル。
柑橘系,フルーティー,酸味系味でさっぱりの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は11(ふつう)。炭酸入り。
  コメント ☆
北極で真夏に見られる真夜中の太陽、ミッドナイトサンをイメージして作られたカクテル。
第1回フィンランディアウオッカ カクテルコンペティション世界大会ロング・ドリンクの部3位。
ミッドナイトサン。いわゆる白夜。深夜になっても日が沈まない状況 ・・・ (詳しい全文を読む)

第28位  449票      ファンタジア       ¥580

ウォッカベースのスタンダードロング。
オレンジキュラソーの柑橘香とチェリーブランデーの甘い香りの協演。グレープフルーツ割り。
柑橘系,フルーティー味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は11(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
グレープフルーツで割るということもあって中口の仕上がり。
チェリーブランデーは少量だが、これだけでしっかりした主張がある。
オレンジとチェリーの協演が楽しめる。 (詳しい全文を読む)

第29位  445票      ローズオブワルシャワ       ¥390

ウォッカベースのスタンダードショート。
チェリーブランデーの芳香とコアントローの柑橘香が見事なハーモニー。中甘口。
柑橘系,フルーティー味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は28(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
美しい街、ポーランドのワルシャワを表現したカクテル。ワルシャワのバラ。
ポーランドといえばショパン。ピアノの詩人。
甘く、滑らかなこのカクテルはノクターンに良く似合う。 (詳しい全文を読む)

第30位  444票      ウォッカトニック       ¥470

ウォッカベースのスタンダードロング。
ライムとトニック。文句なしに爽やかなのど越し。
柑橘系味でさっぱりの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は10(ふつう)。炭酸入り。
  コメント ☆
ライムとトニック。爽やかなのど越し。
これはロングドリンクだけど、のどが渇いたときにグイッと飲めばいいように思う。
胃のあたりでパーッと熱くなっていくのがいい。 (詳しい全文を読む)

第31位  444票      モスコーミュール       ¥500

ウォッカベースのスタンダードロング。
ウォッカのジンジャーエール割りライム絞り。超定番。
柑橘系味でさっぱりの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は8.4(低い)。炭酸入り。
  コメント ☆
モスコー(モスクワの)ミュール(ラバ)。ラバは後ろ足でキックする性質がある。
モスクワだから、ウォッカでキックの強い酒ということでこういう名前になった。
ただし、作ったのはアメリカ、ハリウッドのジャック・モーガンというバーテンダー。
1 ・・・ (詳しい全文を読む)

第32位  441票      雪国       ¥480

ウォッカベースのスタンダードショート。
4分の3のウォッカにキュラソーとライムジュース。ドライだが砂糖のスノースタイルがやさしい。
柑橘系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は29(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
一言で言うと小粋なカクテルです。アルコール度数は相当高いですが飲みやすいし、
砂糖のスノーで甘さも好みに調節できる。定番だけのことはある、よくできたカクテルです。 (詳しい全文を読む)

第33位  438票      ロードランナー       ¥430

ウォッカベースのスタンダードショート。
アマレットが香りココナッツミルクでまろやかな口当たりのショート。
ミルク・クリーム系,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は21(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
アマレットの何とも言えない香ばしい香りにまろやかなココナッツミルクが重なり、
ウォッカの鋭さがそぎ落とされて、まろやかで滑らかな口あたりになる。 (詳しい全文を読む)

第34位  436票      スレッジハンマー       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
ウォッカとライムジュース。ただし比率は5:1。大人用。ギムレットには遅すぎる場合に。
柑橘系味でドライ(辛口)の甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は27(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ウォッカとライムジュース。ただし比率は5:1。大人用。

ウォッカギムレットは3:1で作っている。比率が違うと名前も変わる。
スレッジハンマーはコンクリートなどを叩き割る大型ハンマーのこと。
それで叩かれたみたいになるってのは大げさだ ・・・ (詳しい全文を読む)

第35位  435票      トロイカ       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
ウォッカ、キュラソー、レモンが等量。すっきりしたショート。
柑橘系,酸味系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は21(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ウォッカ、キュラソー、レモンが等量。すっきりしたショート。

ベースはもちろんロシアのお酒ウォッカ。
バラライカはウォッカ、キュラソー、レモンの比が2:1:1~4:1:1。
トロイカは1:1:1つまり等量。キュラソーとレモンの味が勝つ ・・・ (詳しい全文を読む)

第36位  429票      グリーンファンタジー       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
ウォッカとドライベルモットと少量のメロン。カクテルの基本に忠実な口当たりのいいショート。
フルーティー味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は23(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ウォッカとドライベルモットというドライな組み合わせに、
メロンのリキュールであるミドリを少量加えることによって、味がまるく、まるくなりますね。
そこへ隠し味にライムジュースをほんの少し入れてちゃんとした形にするという、
カクテルの基本に ・・・ (詳しい全文を読む)

第37位  429票      ライラ       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
バラライカのドライバージョン。ウォッカ:コアントロー:ライムの比は10:1:1。
柑橘系,酸味系味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は29(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ライラはアラビア語でセレナーデ(セレナード)。
セレナーデは恋人や女性を称えるために演奏される音楽、あるいはそのような情景。
音楽の場合夕方しばしば屋外で演奏されることもあり、日本語では小夜曲と言うがもはや死語。
宵の口の爽やかな風のよ ・・・ (詳しい全文を読む)

第38位  426票      スクリュードライバー       ¥490

ウォッカベースのスタンダードロング。
言わずと知れたウォッカのオレンジジュース割り。
柑橘系味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は10(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
言わずと知れたウォッカのオレンジジュース割り。

イランの油田で働いていたアメリカ人技師たちは、ウォッカをオレンジジュースで割って飲んでいたが、
マドラーがなかったため、細かいことは気にしないでスクリュードライバー(ねじ回し)でまぜた。 ・・・ (詳しい全文を読む)

第39位  424票      ブルーラグーン       ¥620

ウォッカベースのスタンダードロング。
珊瑚礁の青く澄んだ南国の海を思わせる柑橘系の甘酸っぱいカクテル。
柑橘系,フルーティー,酸味系味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は17(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
デコレーションが派手でトロピカル風だが味はサッパリして清涼感がある夏向きのカクテル。
(詳しい全文を読む)

第40位  422票      カミカゼ       ¥410

ウォッカベースのスタンダードロング。
ウォッカ、ホワイトキュラソー、ライムジュースが等量のシェークロック。
柑橘系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は18(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
名前からすると日本で右翼の人が作ったような気がするが、アメリカで作られた。
もともとはウォッカが45cc、ホワイトキュラソー15cc、ライムジュース1tspだったので
飲み口がきつくて度数も高かったので、こういうネーミングになったのかもしれない ・・・ (詳しい全文を読む)

第41位  418票      ブリザード       ¥470

ウォッカベースのスタンダードショート。
ピーチにカンパリの風味とグレープフルーツの甘酸っぱさがすこぶるフルーティー。
フルーティー,酸味系,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は20(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
第1回フィンランディアウォッカ カクテルコンペ世界大会 アペリティフ部門準優勝作品。
なんだかよくわかんない大会だけど、ホテルオークラの長島茂敏さんがつくったというもの。
ウォッカはフィンランド産じゃないといけないらしいけど、スミノフしか ・・・ (詳しい全文を読む)

第42位  418票      メロンボール       ¥440

ウォッカベースのスタンダードロング。
メロン入りスクリュードライバー。夕張メロンみたいに黄色。口当たりのいいロング。
柑橘系,フルーティー味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は9(低い)。炭酸なし。
  コメント ☆
メロンリキュールを入れると少量でもこれが主役になって、メロン味。
黄色いから夕張メロン風。 (詳しい全文を読む)

第43位  415票      ロイヤルルシアン       ¥430

ウォッカベースのスタンダードショート。
ウォッカにミントとフレッシュクリーム。食後のデザートに。
ミルク・クリーム系,他(種・花・ミントなど)味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は18(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
ジンベースでアレキサンダーズシスターというのがあるけれども、これのウォッカ版。
少し量が多く、マラスキーノチェリーを飾る。
色としてもかなり爽やかな印象。 (詳しい全文を読む)

第44位  414票      ウォッカカクテル       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
ウォッカというよりチェリーブランデーの色と香りを楽しむさっぱりしたカクテル。
フルーティー,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は28(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
イーストウィングのカンパリをレモンに変えたレシピ。
ウォッカというよりチェリーブランデーの色と香りを楽しむカクテル。
レモンがさっぱりしていて、食前にも良い。アルコール度数はかなりあります。 (詳しい全文を読む)

第45位  409票      マカルーン       ¥410

ウォッカベースのスタンダードショート。
ウォッカにカカオとアマレット。甘口。ウォッカはたくさん入っているが、きつさはない。
チョコレート系,他(種・花・ミントなど)味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は28(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
アマレットのアーモンドのような香りと、カカオのチョコレートの香りで
アーモンドチョコレートをカクテルにしたような味わい。
度数の割りにはアルコールを感じないので注意。 (詳しい全文を読む)

第46位  402票      タヒチアンブルー       ¥460

ウォッカベースのオリジナルショート。
きつすぎる。やめた方がいい。どうしてもと言うなら作るが責任は持たない。
柑橘系,ベースの味重視味でドライ(辛口)の甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は66(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
きつすぎる。やめた方がいい。どうしてもと言うなら作るが責任は持たない。

氷のかけらがグラスの中に漂う。タヒチの海にちりばめられた珊瑚のかけらを思わせる。
何で氷が浮かないのかというと、ほとんどアルコールだから。
比重の関係ですね。ア ・・・ (詳しい全文を読む)

第47位  400票      ゴールデンスクリュー       ¥480

ウォッカベースのスタンダードロング。
スクリュードライバーをシェークで作ったらゴールデンスクリュー。
柑橘系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は6.3(低い)。炭酸なし。
  コメント ☆
スクリュードライバーをシェークで作ったらゴールデンスクリュー。
シェークすると味がやわらかくなって、ソフトドリンク的になる。
別名ゴールデンスパイクという。
因みに、ゴールデンスクリューという同名のジンベースのカクテルもある。
これは ・・・ (詳しい全文を読む)

第48位  400票      ポロネーズ       ¥390

ウォッカベースのスタンダードショート。
チェリーブランデーの赤がきれい。華やかな色のカクテル。
フルーティー味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は28(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ポーランドの宮廷舞曲(ポロネーズ)のような雅(みやび)やかな色合いのカクテル。
チェリーブランデーが色も味も主役になっている。 (詳しい全文を読む)

第49位  397票      キウイクーラー       ¥460

ウォッカベースのスタンダードロング。
ウォッカにキウイを加えてオレンジジュースで割る。グレナデンシロップを沈めて見た目オシャレ。
柑橘系,フルーティー味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は9(低い)。炭酸なし。
  コメント ☆
キウイのカクテルを作ろうとしていて、どこかで見つけたレシピ。
キリン氷結酎ハイとは全く別物です。
このキウイクーラー、クーラーという名を冠するのはどうかなと思う。
クーラーは炭酸入りで、のどの渇きを潤すのに最適なさっぱりした味が一般的。 ・・・ (詳しい全文を読む)

第50位  396票      マリリンモンロー       ¥380

ウォッカベースのスタンダードショート。
真紅のカンパリのほろ苦さとスイートベルモットの芳香がマリリンを思わせるショート。
他(種・花・ミントなど)味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は29(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
このカクテルは本来ステアで作る。いるか喫茶バーでは、滅多にステアで作らない。
マティーニだってマンハッタンだってシェークで作る。
必ずステアで作るのは、ドライマティーニ、ギブソン。
飲みやすくなってはいけないカクテルをステアで作る。
 ・・・ (詳しい全文を読む)