ブランデーベースカクテルランキング

第1位  549票      サイドカー       ¥390

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデー:ホワイトキュラソー:レモン=2:1:1の公式的定番比率
柑橘系,フルーティー,酸味系味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は24(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
第一次世界大戦の時に、ドイツ軍に追われたフランスの将校がサイドカーに乗って退却中、
自国の領土に入った瞬間サイドカーに持ち込んだ有り合わせの酒とレモンを混ぜて飲んだのが始まりといわれる。
けどこの話はどうでしょうね。有り合わせでキュラソー ・・・ (詳しい全文を読む)

第2位  532票      アレキサンダー       ¥400

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーにカカオとフレッシュを加えてシェーク。ナツメグがけ。
チョコレート系,ミルク・クリーム系味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は21(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーとカカオの芳醇な香りとまったりしたクリームで女の人ウケする代表的カクテル。 (詳しい全文を読む)

第3位  512票      ホワイマリー       ¥390

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーベースだが、スピリッツとしてジンも含まれる。あとは定番コアントローとレモン。
柑橘系,酸味系味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は27(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーとジンがスピリッツ。ジンは脇役だが、いい役割を演じている。
コアントローとレモンが柑橘香と甘酸っぱい味を出して飲みやすく仕上げている。 (詳しい全文を読む)

第4位  502票      アラゴ       ¥380

ブランデーベースのスタンダードショート。
同量のブランデーとバナナリキュールと生クリームをシェーク。
フルーティー,ミルク・クリーム系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は17(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーとバナナリキュールと生クリームが同量のレシピ。さぞかし濃厚かと思いきや
意外にさっぱりしている。
デザート感覚で食後にいいです。 (詳しい全文を読む)

第5位  499票      ダーティーマザー       ¥380

ブランデーベースのスタンダードロング。
ブランデーの濃厚な風味をカルーアが飲みやすくする。
コーヒー系,ベースの味重視味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は31(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーの濃厚な風味をカルーアが飲みやすくする。

ブランデーの香りと、カルーアのもつコーヒーやバニラの風味が絡み合い、濃厚なまったり感。
ベースがウォッカだと、ブラックルシアン。バーボンだと、オリジナルのデスペラード。
度数は高い ・・・ (詳しい全文を読む)

第6位  494票      サラトガ       ¥420

ブランデーベースのスタンダードショート。
ほとんどブランデー。マティーニなんて比べ物にならないほどシブイ男の粋なカクテル。
フルーティー,ベースの味重視味でドライ(辛口)の甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は32(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
サラトガ…。このカクテルの由来はニューヨーク州のサラトガという町にある。
ハドソン川上流に位置するサラトガは、アメリカ独立戦争で最も厳しい攻防があったところだ。

結果的に、イギリス軍は1777年にサラトガの戦いでアメリカ大陸軍に降伏した。< ・・・ (詳しい全文を読む)

第7位  485票      レイクサイド       ¥400

ブランデーベースのスタンダードショート。
ミントオレンジチョコレートボンボンというものがあったとしたら、そういう味。
柑橘系,チョコレート系,他(種・花・ミントなど)味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は26(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデー、コアントロー、カカオ、ミントが等量。見ただけでもこれは甘口とわかりますが、
ブランデーとミントによって、ほど良く甘ったるさは押さえられている。
食後のデザート感覚で飲むには良いと思われる。 (詳しい全文を読む)

第8位  465票      オリンピック/Olympic       ¥390

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデー、オレンジキュラソー、オレンジジュースのシェーク。
柑橘系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は20(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
1924年パリオリンピック記念カクテル。?!80年以上も前の記念がいまだに残っている。
微妙にレシピは変化してきたようだがブランデーとオレンジは普遍性のある味なのでしょう。
気軽に飲めるやさしい味のカクテルです。
オリジナルのハローアゲインは ・・・ (詳しい全文を読む)

第9位  462票      スティンガー       ¥390

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーにミントが加わり、甘さの中にきつい刺激があるショート。
ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は29(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーにミントが加わり、甘さの中にきつい刺激があるショート。

スティンガーは「針」→「風刺する人」の意味。
ニューヨークのコロニイというレストランで食後酒として考案されたといわれている。
ブランデーの強さにペパーミントの甘さと鋭 ・・・ (詳しい全文を読む)

第10位  454票      ブランデーシャンパレル       ¥490

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーとオレンジキュラソーを等量に配した最高の組み合わせと言われるショート。
柑橘系,ベースの味重視味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は30(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーの最高のパートナーがオレンジといわれる。
このカクテルは、オレンジキュラソーとブランデーを等量入れたシンプルなレシピである。
一口飲めば、オレンジとブランデーのカップルの相性の良さに、なるほどと感心する。 (詳しい全文を読む)

第11位  454票      ベランダ       ¥540

ブランデーベースのスタンダードロング。
ブランデーにドライベルモットを加えてオレンジジュースで割る。ジュース感覚。
柑橘系,他(種・花・ミントなど)味でさっぱりの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は11(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーとオレンジジュースは相性がいい。さらにドライベルモットが加わって
全体がまろやかに仕上がり、コクも増す。 (詳しい全文を読む)

第12位  453票      ハローアゲイン       ¥400

ブランデーベースのオリジナルショート。
ブランデーにオレンジという旧き良き組み合わせにミントをプラスしてアクセントにした。
柑橘系,フルーティー,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は20(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
二十歳代の終わりのころにふと思ったこと。
「この10年間で得たものと失くしたものは何だろう。」
 失くしたものは何だろうとふと考えたとき、
知らないうちにそのリストが膨大なものになっていることに気づいた。
何かを得たのかも知れないが、 ・・・ (詳しい全文を読む)

第13位  447票      ハーバード       ¥390

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーとスイートベルモットが半々。アンゴスチュラビターとガムシロップがわずかに入る。
ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は26(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
深い琥珀色が大人の時間を演出する。わずかなシュガーシロップで飲みやすく、
アンゴスチュラビターのほろ苦さが全体をまとめる。
(詳しい全文を読む)

第14位  447票      ミカド       ¥410

ブランデーベースのスタンダードショート。
ほとんどブランデーだがカカオ、キュラソー、アンゴスチュラが少量入って奥の深い味わい。
柑橘系,チョコレート系,ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は31(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ほとんどがブランデーだがわずかに入っているカカオ、キュラソーの香りが漂い、
甘味も加わるので飲みやすい。さらに、アンゴスチュラビターの1dashが効果的に
アクセントを出している。ブランデー好きの方にはお勧め。 (詳しい全文を読む)

第15位  446票      チョコレートソルジャー       ¥380

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーの香りをカカオリキュールがやさしく包む。
チョコレート系味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は22(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーの香りをカカオリキュールがやさしく包む。

カカオリキュールは無色のホワイトカカオを用いる。
ブランデーの琥珀色を損なうことなくチョコレートのやさしい香りと
ベルモットのまったりとした風味が甘くておいしいデザートをつくる。 (詳しい全文を読む)

第16位  444票      ニュートンズスペシャル       ¥410

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーをコアントローが飲みやすくした度数高めのショート。
柑橘系,ベースの味重視味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は32(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーをコアントローが飲みやすくした度数高めのショート。

コアントローもブランデーと同じく40度なので相当にアルコール強めのカクテル。
強さはドライマティーニやギブソンに匹敵する。しかし、コアントローの香りと甘味によって、
かな ・・・ (詳しい全文を読む)

第17位  444票      ファンタジオ       ¥400

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーにドライベルモットという点でフランス的。少しのマラスキーノとミントが入る。
ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)味でドライ(辛口)の甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は26(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ドライベルモットがブランデーのきつさを和らげ、ペパーミントが爽やかな口当たりにする。
マラスキーノの芳香が上品に漂う。
本来ステアで作るものだが、いるか喫茶バーではシェークで作る。 (詳しい全文を読む)

第18位  441票      クイーンエリザベス       ¥380

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーとスイートベルモットを使った香りの強い古くからの食後酒のスタンダード。
ベースの味重視味でふつうの甘さ。ステアで作ります。
アルコール度数は23(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーとスイートベルモットを使った香りの強いショート。
古くから食後酒のスタンダード。
ブランデーの強さの中にベルモットの独特の香りがたち、全体をやさしく包む。
ステアでコンテンツの味をダイレクトに出す大人向きのカクテル。 (詳しい全文を読む)

第19位  434票      スラム#2       ¥400

ブランデーベースのスタンダードショート。
アプリコットとコアントローの香りがきわだつブランデーベースのショート。
柑橘系,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は25(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
アプリコットとコアントローの香りがきわだつブランデーベースのショート。

一口飲めば、甘酸っぱい香りが濃厚に広がる。ブランデーベースだが滑らかな飲み口。 (詳しい全文を読む)

第20位  432票      フェイバリット       ¥530

ブランデーベースのスタンダードショート。
等量のブランデーとジンにレモンとグレナデンシロップで甘酸っぱいお気に入り。
フルーティー,酸味系,ベースの味重視味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は20(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
フェイバリット=お気に入り
というわけで、スピリッツに甘酸っぱい味をプラスすれば普遍的にお気に入りとなる。
本来、ブランデー、ジン、レモンが等量だが、それはちょっと酸っぱすぎるので、
レモンは控えめ。
全体の量は、普通のショートの1. ・・・ (詳しい全文を読む)

第21位  431票      ウィリースミス       ¥400

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーとマラスキーノのアンティーク感覚ショート。
フルーティー味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は28(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーが多いけれども、さくらんぼのリキュールのマラスキーノのほのかな甘さが口に残る。
さっぱりとした飲み口のカクテルで、辛口に近い。
レモンが少しだけ入って、ブランデーのきつさが爽やかさに変わる。 (詳しい全文を読む)

第22位  428票      メトロポリタン#1       ¥390

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーベースのマンハッタン=キャロルよりやや甘口。味の傾向は古典的。
ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は26(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
キャロルよりも若干スイートベルモットが多く、甘味のシュガーシロップが入るので、
甘口となりそうだがそれでもブランデーの主張が失われることはなく、どちらかと言えば辛口。
アンゴスチュラビターの1dashが効いていて、全体を引き締める。 (詳しい全文を読む)

第23位  427票      ダンヒル71       ¥390

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーをカカオとバナナでこってり仕上げた甘口ディジェスティフ(食後酒)。
フルーティー,チョコレート系味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は24(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーをカカオとバナナでこってり仕上げた甘口ディジェスティフ(食後酒)。

チョコとバナナでデザートのお菓子みたいなもの。
但しアルコールはかなり強め。全部お酒なので。 (詳しい全文を読む)

第24位  426票      ペンギン       ¥680

ブランデーベースのスタンダードロング。
ブランデーがしっかり入ったオレンジ中心の柑橘系ジュース味。
柑橘系,フルーティー,酸味系味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は11(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
デコレーションが派手なフルーツジュースという感じだがブランデーはしっかり入っている。
オレンジとブランデーの相性が良く、のど越しが滑らかでサッパリしている。 (詳しい全文を読む)

第25位  425票      クラシック       ¥450

ブランデーベースのスタンダードショート。
ベースのブランデーにレモン、キュラソー、マラスキーノを加えてシェーク。砂糖のスノースタイル。
柑橘系,酸味系,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は23(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
砂糖のスノースタイル。最近では省略することもあるらしいが、
クラシックに限ってはタブーである。スノースタイルでなければクラシックじゃない。
ブランデーの香り、柑橘系フルーツの甘酸っぱさ、マラスキーノの芳香、そしてスノースタイルの
ハーモ ・・・ (詳しい全文を読む)

第26位  424票      バンダービルト       ¥480

ブランデーベースのスタンダードショート。
チェリーブランデーの甘い香りがブランデーのきつさを和らげる食後酒の代表格。
フルーティー,他(種・花・ミントなど)味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は26(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
チェリーブランデーは忘れられない香り。一度はまるとクセになる味。
飲みに行く度に1杯はたのみたくなる。
酸味系やドライなカクテルを飲んでいる途中にアクセントとして飲んでみるのもいい。
とりあえず、チェリーを食べてレモンピールを絞れば香り ・・・ (詳しい全文を読む)

第27位  424票      ヤングマン       ¥420

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーベースのマンハッタンみたいなカクテル。オレンジキュラソーが少し利いている。
柑橘系,ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は28(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーにスイートベルモット、アンゴスチュラビター。
ここまではブランデーベースのマンハッタンと言われるキャロルと同じ。
若者をイメージして、オレンジキュラソーの甘い香りが少し入る。
マラスキーノチェリーもマンハッタンと同じように入る ・・・ (詳しい全文を読む)

第28位  423票      ブルフロッグ       ¥380

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーベースのグラスホッパーみたいなミントチョコ味。
チョコレート系,ミルク・クリーム系,他(種・花・ミントなど)味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は18(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブルフロッグとは食用蛙のこと。グラスホッパー(バッタ)に対してネーミングされた。
バッタよりブランデーが入っている分飲み応えがあるからだ。
因みにグラスホッパーはリキュールベース。 (詳しい全文を読む)

第29位  422票      エスキモー       ¥540

ブランデーベースのスタンダードロング。
とろっとした口あたり。ブランデーのきいたアイスクリームという感じ。
ミルク・クリーム系味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は13(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
とろっとした口あたり。
ブランデーのきいたアイスクリームという感じ。
そんなに甘くない。
デザートによろしいかと。 (詳しい全文を読む)

第30位  420票      レディービーグッド       ¥380

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーにスイートベルモットとミント。これは男からのメッセージがこめられたカクテル。
ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は25(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
Lady, be good. 「いい女でいてくれよ。」みたいなこと。
レシピが単純な割りにシェークの仕方によって、口当たりにかなり差が出る。
やや甘口だがミントが利いていてサッパリしている。ブランデーはしっかり入っているから
ドライな一面も持つ。うま ・・・ (詳しい全文を読む)

第31位  419票      ラジョラ       ¥410

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーに、バナナ、オレンジ、レモンを合わせたショート。バナナが主役。
柑橘系,フルーティー,トロピカル味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は28(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
バナナが、ブランデーを滑らかに飲みやすくしている。
オレンジジュースの柑橘香、レモンの酸味も利いていて甘ったるいことはない。
ブランデーをフルーティーに楽しめる。 (詳しい全文を読む)

第32位  419票      リエゾン       ¥510

ブランデーベースのスタンダードロング。
ブランデーとコアントローとカカオ。オレンジチョコの味。フランス発祥。
柑橘系,チョコレート系味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は25(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
リエゾンはフランス語で「連絡」「関係」「きずな」。
お互いの関係や絆を深めるという意味を持たせながらこのカクテルを飲む。
だから、サッパリしたものじゃなく、ブランデーにコアントロー、カカオという甘く濃厚な味。
オレンジチョコみたいだが、 ・・・ (詳しい全文を読む)

第33位  418票      キャロル/Carrol       ¥410

ブランデーベースのスタンダードショート。
スイートベルモットがブランデーのコクを引き出す。古くから人気のスタンダード。
ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。ステアで作ります。
アルコール度数は28(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーもベルモットも香りの強い個性的なスピリッツ。
この2つがうまく実にうまく合わさっている。
甘口のベルモットがブランデーのコクを引き出し深みのある味わいになる。
さすがに古くから人気のあるスタンダード中のスタンダードだけのことは ・・・ (詳しい全文を読む)

第34位  408票      ブランデーコーク       ¥380

ブランデーベースのスタンダードロング。
ブランデーのコーラ割り。それだけです。
他(種・花・ミントなど)味でさっぱりの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は6.3(低い)。炭酸入り。
  コメント ☆
ブランデー、水で割ったらアメリカン。コーラで割ったらさらにアメリカン。
基本的に、あらゆるスピリッツはコーラ割りで間違いは無い。ただ、あまりにも上等の
スピリッツをコーラで割るのはいかがなものかと思う。 (詳しい全文を読む)

第35位  408票      フレンチコネクション       ¥380

ブランデーベースのスタンダードロング。
アマレットシリーズのブランデーバージョン。やはり映画からのネーミング。
ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は29(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
アマレットは杏の種子のリキュール。
ブランデーと合わせたのがフレンチコネクション。1971年の映画に因んだ命名。
因みにウィスキーベースはゴッドファーザー。ウォッカベースはゴッドマザー。 (詳しい全文を読む)

第36位  405票      ブランデージンジャー       ¥380

ブランデーベースのスタンダードロング。
ブランデーのジンジャーエール割り。
他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は6.3(低い)。炭酸入り。
  コメント ☆
ブランデーとジンジャーエールはもちろんよい相性です。 (詳しい全文を読む)

第37位  400票      ブランデーガンプ       ¥390

ブランデーベースのスタンダードショート。
DRY。ブランデーにレモンを少し加えてシェークしただけ。グレナデンシロップはしるし程度。
ベースの味重視味でドライ(辛口)の甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は27(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
アサヒスーパードライがビール売り上げ1位を獲得してからというもの、
DRY志向が主流となり、シンプルイズベストの傾向が全国的に長く浸透している。
そういった環境の中で、このカクテルも注目されてきた。 (詳しい全文を読む)

第38位  399票      イーストインディア       ¥400

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーにパインジュース、キュラソーを加えた飲みやすいショート。
柑橘系,フルーティー味でさっぱりの甘さ。ステアで作ります。
アルコール度数は25(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
スタンダードカクテルの辞典「サヴォイ」のレシピで作ります。「ラルース」という辞典では
ブランデーの量が50ccとなっていて、ほとんどブランデーなのです。
ブランデーの個性を残しつつ、やさしい味わいになっているのはサヴォイ版でしょう。
ス ・・・ (詳しい全文を読む)

第39位  399票      ブランデーフィックス       ¥450

ブランデーベースのスタンダードロング。
酸味が利いたチェリーブランデーとブランデーの夏向きロング
フルーティー,酸味系,他(種・花・ミントなど)味でさっぱりの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は8.2(低い)。炭酸なし。
  コメント ☆
フィックスとはサワー系すなわち炭酸なしの酸味系ロングでかつ、クラッシュドアイスを
たっぷりつめたグラスにビルドで作り、ストロー2本を添える。夏向きのカクテルといえる。 (詳しい全文を読む)

第40位  398票      ガゼット       ¥390

ブランデーベースのスタンダードショート。
基本的にブランデーとスイートベルモット。どちらも原料は葡萄で相性は良い。
ベースの味重視味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は23(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
基本的にブランデーとベルモット。
個性が強いお酒同士だが原料はどちらも葡萄。相性は良い。
さらに少量のレモンとガムシロップが絶妙に味をやわらかくしている。
シェークの仕方によってもこのやわらかさがはっきり違ってくる。
いるか喫茶バーで ・・・ (詳しい全文を読む)

第41位  395票      ダブルトラブル       ¥400

ブランデーベースのスタンダードショート。
見かけは甘そう。でもブランデーとドライベルモットのかなり辛口ショート。
ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は26(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
見かけは甘そう。でもブランデーとドライベルモットのかなり辛口ショート。

トラブル2連発。何というネーミング。誰もわざわざお金を出して飲もうとは思わないんじゃないか。
見かけ以上に辛口であるということと、アンゴスチュラビターの苦味が意表 ・・・ (詳しい全文を読む)

第42位  391票      ハーキュリーズ       ¥580

ブランデーベースのスタンダードロング。
ブランデーとアマレットの濃厚な香りがオレンジジュースで甘く包まれている。
柑橘系,ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)味で甘いの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は11(ふつう)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーとアマレットの濃厚な香りがオレンジジュースで甘く包まれている。

HERCULESは英語読みでハーキュリーズのように発音されるが、ラテン語読みではヘラクレスのように
発音される。ギリシア神話最大の英雄。半神半人。のちにオリンポスの神に ・・・ (詳しい全文を読む)

第43位  388票      ブランデーコリンズ       ¥590

ブランデーベースのスタンダードロング。
トムコリンズのベースをブランデーにしたもの。ブランデーの味がしっかり出ている。
柑橘系,酸味系味でさっぱりの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は10(ふつう)。炭酸入り。
  コメント ☆
ブランデーを用いたさっぱりと甘酸っぱく、ブランデーの芳香がしっかり出ている。

伝説のバーテンダー、ジョンコリンズに因んだシリーズもので、これはブランデー版。
ジョンコリンズのベースはバーボン。スコッチコリンズのベースはスコッチ。
そ ・・・ (詳しい全文を読む)

第44位  381票      チェリーブロッサム       ¥420

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーとチェリーブランデーによる桜の花をイメージしたショート。
他(種・花・ミントなど)味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は26(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーとチェリーブランデーによる桜の花をイメージしたショート。

横浜のバー・パリのオーナー田尾多三郎氏の創作。ソメイヨシノ的でなく、
アメリカンチェリーの花というより、さくらんぼのような鮮やかな色合い。
チェリーブランデー好きの ・・・ (詳しい全文を読む)

第45位  377票      クリス       ¥510

ブランデーベースのスタンダードロング。
ブランデー、ドライベルモット、アマレットなどをトニックで割る。アマレットがポイント。
酸味系,他(種・花・ミントなど)味でふつうの甘さ。ビルドで作ります。
アルコール度数は12(ふつう)。炭酸入り。
  コメント ☆
一応クリスマスに飲むのが似合っているということだが、気にするほどのことでもない。
名前のクリスというのが、サンタクロースという意味らしいのでそういうことになっている。
アマレットがポイント。杏の種のリキュール。独特の甘い香りはアーモンドに ・・・ (詳しい全文を読む)

第46位  374票      チャールス       ¥380

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーとスイートベルモットで上品かつ濃厚な芳香。
ベースの味重視味でさっぱりの甘さ。ステアで作ります。
アルコール度数は23(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーとスイートベルモットで上品かつ濃厚な芳香。

チャールスはおそらくチャールズ皇太子のことでしょう。
プリンスオブウェールズという名のカクテルがあって、これも同じようなレシピなので。
それにしてもスコッチベースでなく、ブランデ ・・・ (詳しい全文を読む)

第47位  371票      サマーファン(略式)       ¥570

ブランデーベースのスタンダードロング。
ブランデーベースだが、バナナとパインとオレンジでお菓子みたいに飲みやすい。
フルーティー,トロピカル味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は8.2(低い)。炭酸なし。
  コメント ☆
正式なのは、苺と傘を飾る。略式なので硬いことは言わず、マラスキーノチェリーかパインを飾る。
夏好きのロングカクテル。つまり、トロピカル・ドリンク。
ブランデーベースだが、バナナとパインとオレンジでお菓子みたいに飲みやすい。
何杯も飲むと ・・・ (詳しい全文を読む)

第48位  371票      ディビスブランデー       ¥400

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーとドライベルモットにグレナデンシロップで甘さを加えたショート。
ベースの味重視味でふつうの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は26(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
ブランデーとドライベルモットにグレナデンシロップで甘さを加えたショート。

テニスのディビスカップに因んで作られたカクテル。
勝負のドライさと勝利の甘美さと敗北のほろ苦さ(オレンジビター)を表すとか。
でもまあ、優勝者のために作られた ・・・ (詳しい全文を読む)

第49位  359票      ヴェルジーネ       ¥420

ブランデーベースのスタンダードショート。
ブランデーベースだが、アマレットの方が多く、カシスも入る甘口ショート。
ベリー系,他(種・花・ミントなど)味で甘いの甘さ。シェークで作ります。
アルコール度数は23(高い)。炭酸なし。
  コメント ☆
1994年、サントリーザカクテルコンペティション優勝作品。
第一ホテル東京、澤 千絵子氏が創作したカクテル。彼女のコメントは
「神秘的な味と香り。昔、夢見た幻想の世界に住む“天女”をイメージしました。
グラスをかたむけるたび、天女の赤い羽衣が ・・・ (詳しい全文を読む)