モヒート   ¥720       

お気に入り得票数 : 現在399票
ベース : ラム
グラス : コリンズグラス(10oz)
飲み切るべき時間 : ロング
炭酸 : 入り
普遍性? : スタンダード
味の傾向 : 柑橘系,酸味系,ベースの味重視,他(種・花・ミントなど)
甘さ : さっぱり
色の傾向 : 緑,琥珀,薄い色,透明
作り方 : ビルド
度数 : 9.4度(低い)
その他 : 男が飲む系,定番・有名,物語がある
時と場合 : どんな時もOK,いつの季節でもOK
何か特別な状況 : としては、特別な事情なんて気にしないで飲めばいいように思われる。
お気に入り投票 :    このカクテルを気に入っていただいた方は、   ご投票をお願いします。→投票する

  コメント  
キューバのハバナで昔から作られていた。
ラム好きのヘミングウェイがモヒートにハマらなかったはずはない。
ハバナの旧市街のバー「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」がモヒートを出す店として有名である。
1940年代にヘミングウェイはこの店の常連だった。
「わがダイキリはフロリディータで、わがモヒートはボデギータで」と言った。
ダイキリはラ・フロリディータという店に決めていたらしい。
映画でもモヒートの出てくるシーンは多い。
「マイアミバイス」の中で、コリン・ファレルが、「おれはモヒート中毒なんだ。」
というセリフがある。
「007ダイ・アナザー・デイ」でジェームスボンドがモヒートをオーダーするシーンがある。
これは、日本でのモヒートブームのきっかけとなった。

  レシピ  
10ozコリンズグラスにミントの葉をたくさん入れてつぶし
カットライム1/3個を絞って落とし、クラッシュドアイスを入れ、
ガムシロップ2tsp
ゴールドラム45ccを入れ、
ソーダ適量で満たし、
マドラーを添える。