モスコーミュール   ¥500       

お気に入り得票数 : 現在472票
ベース : ウォッカ
グラス : コリンズグラス(10oz)
飲み切るべき時間 : ロング
炭酸 : 入り
普遍性? : スタンダード
味の傾向 : 柑橘系
甘さ : さっぱり
色の傾向 : 琥珀,薄い色,透明
作り方 : ビルド
度数 : 8.4度(低い)
その他 : 定番・有名,物語がある
時と場合 : どんな時もOK,いつの季節でもOK
何か特別な状況 : としては、オーソドックスに飲めばいいように思われる。
お気に入り投票 :    このカクテルを気に入っていただいた方は、   ご投票をお願いします。→投票する

  コメント  
モスコー(モスクワの)ミュール(ラバ)。ラバは後ろ足でキックする性質がある。
モスクワだから、ウォッカでキックの強い酒ということでこういう名前になった。
ただし、作ったのはアメリカ、ハリウッドのジャック・モーガンというバーテンダー。
1940年初頭に彼がジンジャービアをやたら大量に仕入れてしまって、その在庫処分のために
作ったという説がある。さらに、スミノフの販促キャンペーンでこれが広まった。
だから本来ジンジャービアで割っていたのだが、現在ではジンジャーエールで割る。
正式には銅のマグカップに入れて提供されるものであるが別にこだわる必要なんてない。
キックが強いと言っても、10度もないので気軽に飲んでも大丈夫。

  レシピ  
10ozコリンズグラスにカットライムを絞り入れ、
クラックドアイスを入れ、
ウォッカ40cc
ライムジュース15ccを入れ、
ジンジャーエール適量で満たして
軽くステアする。