チャーリーチャップリン   ¥410       

お気に入り得票数 : 現在440票
ベース : リキュール
グラス : コリンズグラス(8oz)
飲み切るべき時間 : ロング
炭酸 : なし
普遍性? : スタンダード
味の傾向 : 柑橘系,ベリー系,フルーティー
甘さ : 甘い
色の傾向 : 赤,紫,オレンジ,濁っている
作り方 : シェーク
度数 : 13度(ふつう)
その他 : 物語がある,デザート的,女性向
時と場合 : どんな時もOK,いつの季節でもOK
何か特別な状況 : としては、懐かしい曲が流れてふと昔を思い出して飲めばいいように思われる。
お気に入り投票 :    このカクテルを気に入っていただいた方は、   ご投票をお願いします。→投票する

  コメント  
喜劇王チャップリンに捧げられたアプリコットとスローベリーの優しいロング。

アメリカの映画創世期の立役者といえるチャーリーチャップリン。金持ちや権力者を笑い飛ばした。
ヒットラーを皮肉った独裁者はあまりに有名。
今でこそ偉大な俳優と言われるが共和党右派による赤狩りで1952年にアメリカから追放された。
「ライムライト」はいるか喫茶バーの看板カクテルだが、
チャップリンがアメリカで作った最後の作品の題名でもある。
ライムライトというのは暗い舞台の真上から一人の役者だけを照らし出すダウンライトのことで、
脚光ひいては名声といった意味合いを持つ。

淀川長治さんが、徹子の部屋か何かで来日したチャップリンと会った時のことを熱く語っていた。
淀川さんは「それでは次週をご期待ください、さよなら、さよなら、さよなら。」のおじさん。
淀川さんが熱く語っていたチャップリンはこのカクテルのように優しい人だった。

  レシピ  
アプリコットブランデー20cc
スロージン20cc
レモンジュース20cc
以上をシェークして氷を入れた
8ozオールドファッションドグラスに注ぐ。