ジャックター   ¥630       

お気に入り得票数 : 現在466票
ベース : ラム
グラス : オールドファッションドグラス(10oz)
飲み切るべき時間 : ロング
炭酸 : なし
普遍性? : スタンダード
味の傾向 : フルーティー
甘さ : さっぱり
色の傾向 : 琥珀
作り方 : シェーク
度数 : 34度(高い)
その他 : レディーキラー,大人系,物語がある
時と場合 : どんな時もOK,いつの季節でもOK
何か特別な状況 : としては、強いお酒で酔いたいときに飲めばいいように思われる。
お気に入り投票 :    このカクテルを気に入っていただいた方は、   ご投票をお願いします。→投票する

  コメント  
1972年創業の横浜のカクテル&ジャズラウンジ「ウィンドジャマー」のオリジナル。
普遍性としてはスタンダードに分類しています。いるか喫茶バーのオリジナルでもないので。
「ウィンドジャマー」は2000種類ものカクテルレパートリーを誇る。オリジナルも200種。
いつか行ってみたいお店。そして、もちろんジャックターをたのむ。
「ジャックター」は「水夫」の意味。アルコール度数34度のタフなロングカクテル。
さらにこれをストローで飲む。サザンカンフォートがフルーティーで非常に口当たりが良いけど、
普通にさっさとと飲むと確実に酔っぱらって沈没。
それもそのはずで、ジャックターの特徴は、151proof のラムを使っているのだ。
アルコール度数100% = 200proof なので、151proof のラムは75.5度。
オリジナルのジャックターはロンリコ151を使用するが、
いるか喫茶バーではバカルディの場合もあります。いずれにしろ、151です。

一説によると、日本で消費されるロンリコ151の90%とサザンカンフォートの20%は
横浜市内で消費されているという。うそっぽいけど、「ウィンドジャマー」で消費される
ロンリコ151とサザンカンフォートの量は半端じゃないもよう。

  レシピ  
151ゴールドラム30cc
サザンカムフォート25cc
ライムジュース25cc
以上をシェークしてクラッシュドアイスを入れた
10ozオールドファッションドグラスに注ぐ。
カットライムを飾り、
ストロー2本を添える。