ケーブルグラムハイボール   ¥510       

お気に入り得票数 : 現在311票
ベース : スコッチ,バーボン
グラス : コリンズグラス(10oz)
飲み切るべき時間 : ロング
炭酸 : 入り
普遍性? : スタンダード
味の傾向 : 酸味系
甘さ : さっぱり
色の傾向 : 黄,琥珀,薄い色,濁っている
作り方 : シェーク
度数 : 9.5度(低い)
その他 : 
時と場合 : どんな時もOK,いつの季節でもOK
何か特別な状況 : としては、特別な事情なんて気にしないで飲めばいいように思われる。
お気に入り投票 :    このカクテルを気に入っていただいた方は、   ご投票をお願いします。→投票する

  コメント  
ウィスキーをジンジャーエールで割るのでやや甘口だがレモンの酸味が爽やかさを出している。
ジンジャー以外をシェークするところがこのカクテルの存在意義。
ケーブルグラムとは、海底ケーブルここと。何で海底ケーブル?
まさか海底ケーブルの電線で混ぜたなんて事はないと思います。
そういえばアクダクトというカクテルがあるけど、どうして水道橋なのかよくわからない。
名前を付けた人はそれなりの意味を持たせたと思うんですが…。
すみません。わかりません。

  レシピ  
ウイスキー45cc
レモンジュース15cc
ガムシロップ1tsp
以上をシェークして
クラックドアイスを入れた10ozコリンズグラスに注ぎ、
ジンジャーエールで満たし
軽くステアする。