キングスバレイ   ¥420       

お気に入り得票数 : 現在619票
ベース : スコッチ
グラス : カクテルグラス
飲み切るべき時間 : ショート
炭酸 : なし
普遍性? : スタンダード
味の傾向 : 柑橘系,ベースの味重視
甘さ : ふつう
色の傾向 : 緑,薄い色,透明
作り方 : シェーク
度数 : 27度(高い)
その他 : 大人系,物語がある
時と場合 : どんな時もOK,いつの季節でもOK,夏
何か特別な状況 : としては、特別な事情なんて気にしないで飲めばいいように思われる。
お気に入り投票 :    このカクテルを気に入っていただいた方は、   ご投票をお願いします。→投票する

  コメント  
1986年第1回スコッチウィスキーカクテルコンテスト優勝作品。上田和男作。
上田和男作さんは「TENDER」というバーを開業している。
各種カクテルコンテストで受賞も数多く、キリモミ3段振りハードシェークによって
美味しいカクテルができることを広めた人。

僕も上田さんの「カクテルテクニック」という本を読んで、ハードシェークに目覚めた。
しかし、シェーカーに入れる氷の形にまでこだわるところは真似できない。

彼曰く
「なんといっても色が一番のセールスポイントである。
緑色の材料を使わずに鮮やかな緑色をはじめて表現したのが、
この『キングス・バレイ』だ。これが”色の魔術師”と呼ばれるようになった所以であろう。」

ここまで自慢してるのにいやな感じがしないのだから大したもんだ。
まあ、一生追いつけない人ですね。

ところで、いるか喫茶バーのブルーキュラソーはBOLSじゃなく、HERMESです。
それで、やや色が薄いです。

上田さんに怒られるだろうか。でもHERMESの方がBOLSよりいいと思います。

  レシピ  
スコッチウイスキー40cc
コアントロー10cc
ライムジュース10cc
ブルーキュラソー(ボルス)1tsp
以上をシェークして冷えたカクテルグラスに注ぐ。